事業実績 在来生態系の保全復元活動 ハス群落拡大抑制実験

もっと増えたらどうする?ハス

ハス群落は年々拡大し続けています。 多様な生き物を育むマコモやヒメガマの群落を侵略し、浮泥を沈着させて浅沼化を促進します。 2013年からハス群落の拡大抑制に向けた刈り取り実験を中央博物館主任上席研究員林紀男さんと協働で行っています。

ロボット船によるハス刈り取り実験報告 2018.6.14

2018年6月14日 ハス刈りロボットボートによる手賀沼ハス刈り取り実験

2017年2月9日 千葉県生物学会 会員研究発表会登壇

2016年7月1日・9月14日 手賀沼のハス抑制実験の検証
2014年報告 ハス繁茂域の拡大と繁茂域抑制を目指した取り組み
2013年報告 ハスの勢力を弱めるための実験


ハス群落拡大抑制取組み 概要紹介

手賀沼流域フォーラムでは2013年3月「生き物調査報告会」を開催し、林紀男さん(千葉県立中央博物館) から手賀沼のハス群落の現状について教えていただき、その後の刈り取り実験の指導と効果検証をお願いしました。

手賀沼ハス繁茂域の拡大

手賀沼のハス繁茂域は、2014年時点で水深1.6mの場所にも到達している。また、2010年以降毎年、柏市岩井新田地区の対岸である我孫子市高野山新田地区にも複数のハス活着地点が確認されている。

ハス繁茂域を抑制するための刈り取り実験
6月深い実験区
刈り取り後
刈り取り前

2014年6月9日、手賀沼を愛する市民の連合会は、ハス繁茂域を抑制するための試験刈り取りを実施した。ハス群落先端部の「深い実験区」(水深1.4m) と群落東端部の「浅い実験区」(水深0.9m) の2ヶ所で、「刈り取りした実験区」と「対照区」それぞれ10m2で比較することとした。 ハスは、切断面を粘質物で塞ぐ機能、切断面を水面上に再浮上させる機能などにより通気能を保持する仕組みが備わっている。ハス根茎への通気不全で窒息させ繁茂抑制する取り組みの効果検証は、次年度以降も継続することが必要である。