• slider

    ヨット 撮影:海老原修

  • slider

    かもめのランデブー 撮影:海老原修

  • slider

    ツクシ春 撮影:海老原修

  • slider

    トライアスロン 撮影:海老原修

  • slider

    はつひ 撮影:海老原修

  • slider

    花いかだ 撮影:海老原修

  • slider

    雪の大橋 撮影:海老原修

  • slider

    朝焼けの水面 撮影:海老原修

美しい手賀沼によみがえらせることを目的とした市民団体の連合会です。

ようこそ 美手連へ

美しい手賀沼を愛する市民の連合会(美手連)は、平成7年、「沼と共に生きる周辺地域の自然・生活環境のより良きあり方を学習し、美しい手賀沼によみがえらせる」ことを目的に、市民団体の連絡会として誕生しました。
「手賀沼流域フォーラム」や「手賀沼統一クリーンディ」を行政と協働開催し、流域の市民のみなさんに、手賀沼の魅力や課題も伝え、環境保全活動への参加を呼びかけています。


美手連が事務局を担っています。


新着情報

 ナガエツルノゲイトウ駆除作戦の報告 2016/12

2016年11月25日(金)
前日に11月としては珍しい大雪の空を見上げて心配をしましたが打って変わって朝から晴れ上がり作業場所の北柏ふるさと公園には早朝から準備された機器が並び出動態勢が整っていました。今回の主催は当会ですが、美手連の関係者以外に県柏土木、柏市、我孫子市、柏建設業会、美手連加盟団体会員の約50名の皆さんに集まって頂き、9時より大堀川河口での作業を開始しました。


 手賀沼における特定外来生物ナガエツルノゲイトウ駆除作戦実施のお知らせ 2016/11

2016年11月25日(金)
ここ数年、手賀沼では特定外来生物に指定されている南米原産の水草、ナガエツルノゲイトウ注1が爆発的に繁茂域を広げています。その結果、ボートの運航に障害が起きたり、排水機場にナガエツルノゲイトウの群落が流れ着きその駆除をせざるを得ないなど、治水にも影響が出始めています。隣の印旛沼水域ではナガエツルノゲイトウが田圃に侵入し、農業被害の危機にあります。


 手賀沼のハス抑制実験の検証 

2016年9月14日(水)
2015年11月30日に400㎡の根切りしたハスの生育状況を2016年7月1日に引き続き抑制効果を検証しました。


 印旛沼クリーン大作戦見学記 

2016年8月18日(木)
印旛沼につながる神崎川でのナガエツルノゲイトウの除去作戦に参加し、その模様を見学しましたので報告します。神崎川は八千代・印西両市の市境にあり、大和田機場にもつながりナガエツルノゲイトウが大雨で流され排水機能に障害をもたらしたことから、その除去が進められており、この大作戦が実施されました。

 遮光シート被覆周辺のナガエツルノゲイトウの駆除作業報告 

2016年7月2日(土)
美しい手賀沼を愛する市民の連合会(通称 美手連) は梅雨の合間を縫って、手賀沼公園駐車場前の遮光シート駆除実験場でナガエツルノゲイトウの追加駆除を行いました。